RELATED POSTS

Japanese Language N4 Level: そうです (I hear that) in Japanese (L47)

Share:
Japanese Language N4 Level: そうです (I hear that) in Japanese (L47)

そうです – I hear that . . .
- This is an expression for conveying information you have obtained from another source without adding your own point of view.
- When the source of information is given, it is indicated by –に よると (according to) place at the beginning of a sentence.
Examples:
1. ニュース に よると、明後日 は 台風 が あるそうです。
2. 天気 予報 に よると これから は 段々 暑くなるそうです。
3. 東京 は とても 賑やかな 町だそうです。

Note1: That this expression is different in the meaning and construction from –そうです used for describing an apparent state that you learn in lesson 43.
そうです – it’s look like, it’s seem to be like.
そうです – I hear that…
Examples: 1. 台風 が ありそうです。
- It looks like there is a typhoon.
2. 台風 が あるそうです。
- I heard that there is a typhoon.
3. 日本 の 食べ物 は 油 が 多そうです。
4. 日本 の 食べ物 は 油 が 多いそうです。
4. 漢字 の 勉強 は 面白そうです。
5. 漢字 の 勉強 は 面白いそうです。
Note2:
- The difference between –そうです( expression of hearsay) and –と 行っていました L-33.
Examples:
1. 社長 は 明後日 中国 へ 遊びに行くそうです。
2. 社長 は 明後日 中国 へ 遊びに行く と 言っていました。
3. 漢字 の 書き方 が 難しいそうです。
4. 漢字 の 書き方 が 難しい と 言っていました。

ようです – It seems that. . .
- Conveys the speaker’s subjective conjecture, which is based on the information obtained through his/her sensory organ.
- a sentence that ends in ようです sometimes accompanies どうも which suggest the speaker cannot be a certain if what he/she is saying a fact.
Examples:
1. 人 が 煩くて よく 集まっているね。どうしたの?
火事のようですね。怪我いる人 多いよね。
2. 熱 も あるし、頭 が 痛い です。どうも、かぜ を ひいたようです。
Note: The difference between (そうです) L-43 describing an apparent state. and ようです。
Examples: 1. 今日 は 寒そうです。
- Today seems to be cold.
2. 今日 は 寒いようです。
- It seems to be cold today.

声・おと・におい・味がします
A phenomenon that is perceive by the senses is describe by using が します。
Examples:
強い風の音がしますね。台風 が ありそうですね。
Related Articles: List of Japanese Sentence Structure
If you think this article helped you, share this in your friends on Facebook, Twitter or Google+. Thank You so much. Sharing is giving!

No comments