N2 学習項目 (Sentence Pattern 2)

Share:

1. ~というN Nの内容・具体例・定義を表す。
Indicates what N is, provides an example, and defines it.
接続 「普通形」         + という        [N]
           N1                                                [N2]

Examples:
① ベトナムでは、「4」という[数字]の1つだと考えられている。
② この計画には賛成できないという[意見]が多い。
③ 昨日、今年の冬は暖冬だという[予想]が発表された。
☆~というN 「~というN」は話し言葉の中では「~って(いう)N」になることが 多い。
In spoken language, "~というN" often becomes "~って(いう)N"
Examples:
① A : 山田さんっていう人知っている?
   B : ううん、誰?
2. Vルこと/N ほど~は ない・いない 最上級を表す
Indicates the superlative
Examples:
① 中国語圏ほど「いい数字」にこだわるところはない
② 本を読むことほど楽しいことはない
③ 佐藤さんほどはじめに勉強する人はいない
3. Vル/Vない ほど 動作・状態の程度を比喩や具体的な例を使って表す。
Shows the degree of an action or condition through metaphors and examples.
Examples:
① 数千万円以上というびっくりするほどの値段が付いた。
② 友達の引っ越しを手伝って、死ぬほど疲れた。
③ 大きな地震で立っていられないほど揺れた。
☆ Vル/Vナイない ぐらい・くらい
話す時によく使われる。「ほど」と同じ意味だが、「ぐらい」は極端な比喩には使えない。 Often used when speaking. "ぐらい" is similar to ”ほど” but cannot be used for extreme metaphors.
例) ✖ 「死ぬぐらい疲れた」
① 数千万円以上というびっくりするぐらいの値段がついた。
② 昨日一日中歩いたので、今朝は足が痛くて、たてないぐらいだ。
4. Nからすると Nから判断すると・Nの立場から考えると
Judging from N/thinking about something from the standpoint of N.
Examples:
① 日本人からすると、考えられないことだ。
② あの服装からすると、彼は会社員ではないようだ。
5.〔疑問後疑問文〕より、~
Examples:
① どんな車を持っているかより、どんな番号のプレートをつけているかを重要視する。
② 仕事は給料がいくらかより、内容が大切だ。

No comments